FormINで自動計算付き見積フォームを作ってみる

FormINはお問い合わせフォームやアンケートなど汎用性の高いフォームサービスです。埋込み型のサービスなので、単体で自サイトに貼り付けることができる手間いらず。しかもメールでの通知の他、結果をデータベースで管理しているので一括ダウンロードすることもできます。

今回はFormINを使って自動見積り計算付きのフォームを作成する手順をご紹介します。

コンテンツの新規作成・更新の際、画像やファイルをアップロードし、本文に差し込んだりします。

自動見積りができる埋め込み型フォームをリリース

自動見積りもできる無料埋め込み型フォーム[FormIN]
- 自サイトに5分で埋め込み!自動見積/お問い合わせフォーム -
https://form.cms-pr.com/

FormINは埋め込み型フォームサービスです。GoogleAnalyticsやFacebook、Twitter、はてなブックマークが提供しているような形で、フォームをウィジェット形式で提供します。

シンプルなお問い合わせフォームから自動計算付きの見積もりフォームまでサポートしています。

Drupal8用PayPal継続課金モジュールリリース

Drupal8用PayPal継続課金モジュールを無料リリース 
- Drupal8+継続課金モジュールで いますぐ有料会員サイトを -
​http://www.act-brain.co.jp/press-release/drupal8-paypal-members

Drupalはユーザー権限の管理に柔軟性が豊富です。特に役割(会員ランク)によるコンテンツ閲覧の制御は導入しやすく、多くのDrupal会員制サイトで採用されています。

そのDrupalが2015年11月「Drupal8」にメジャーバージョンアップしました。

Drupal7でDrupal8のようにQuick editする

Drupal8では標準で「文章エリア編集用のエディタが公開画面のままで使えるクイックエ編集”Quick edit”」という機能が追加されました。
ただ、使ってみたいと思っても、今の段階ではアップデートの手間や拡張モジュールの追従の問題で、今すぐには使えそうもありません。
そこで、ここでは、Drupal7のままで”Quick edit”機能を搭載する方法を紹介します。

Viewsの一覧を無限スクロールさせる方法

コンテンツが増えてくると、一覧も複数ページになります。通常、標準のページャーをそのまま使い、スタイルを整えて、、、となると思います。

そこを今風に、ここでは、Facebookのタイムライン表示のようにスクロールに応じて次々に一覧が増えてゆく(無限スクロール)コントロールの設置方法を紹介します。

ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook icon
Twitter icon
Google icon